ryupukocho4pugs 軽井沢日記 りゅう17歳からのお話し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ryupukocho姉 on  | 

今年最後の病院

今日は、コモモとチョップの今年最後の病院の日でした。


7月に病院でお会いしたパグちゃん

まだ12歳なのに難病の疑いで東京にCTを撮りに行くと言っていたパグちゃん


残念ながらその子のお写真は、ないのですが

8月に家族になったという弟パグちゃんと遊ぶことができました。



サンタ君です^ ^

8月1日生まれだから太陽のサンタだそうです。いい名前^ ^



受付でうんチング(笑)

子供らしくて可愛いです。



赤ちゃんは、初めてのチョップ。

遠巻きに見てます。



はっ!気づかれました。



サンタ君、チョップをクンクンして甲高い声でなき、猫パンチ炸裂(笑)

チョップ、我慢しました。

偉いぞ!



でも実は涙目でした(笑)


サンタ君、お姉ちゃんとは12歳差です。

中々遊んでもらえないから楽しそうでした。

今、サンタ君のお姉ちゃんパグちゃんは骨肉腫と闘っています。

サンタ君が来た10日後に骨肉腫がわかったそうです。

お母さんは、多分60代後半です。

検査や治療の為に東京へ行ったり、難しい手術を受ける為に長野市まで行ったそうです。

手術は、最低で100万という東京の先生を呼んでの手術だったそうです。

私達の言う愛情と獣医さんが言う愛情は、少し違う気がします。

昔、コモモの詳しい検査を東大でしたいと言った時

そこまで、この子に時間とお金を掛ける覚悟があるなら私も一生懸命サポートします。最善を尽くします。

と、言われたことがあります。

私は、その時はお金と愛情は違う。どんなに愛していてもお金のない人もいるのに…と思いましたが

自分のお酒や洋服、車や遊びに使うお金はあるのに

犬や猫の検査が高いと言ったり

自分は、着飾って犬や猫のシャンプーさえしない飼い主

お金がないから安楽死してくれと言う飼い主

手術の後迎えに来ない飼い主

そんな飼い主が山のようにいるから

そんな人をたくさん見てるから

獣医さんは、そういう尺度で判断するようになるんだろうと思うようになりました。


愛された子は、不思議と苦しまずに飼い主の腕の中で亡くなるんです。と、先生は仰っていました。


それは、ただ可愛いがるのではなく必要な治療をきちんと受けさせ、清潔に健やかに暮らせて

どれだけ犬や猫の為に飼い主が一生懸命に過ごしてきたかなのではないかと思います。

私が信頼できると思える飼い主さんもそういう人です。

綺麗事ではなく、お金が必要です。




今朝、コモモの左胸にしこりを見つけました。

3年前に手術をした場所のすぐ近くです。

その時は、グレード2の肥満細胞腫でした。



右胸は、二年前に乳腺腫 良性と病理の結果言われました。

私は、今回も乳腺炎で漿液が溜まったのかなと思っていました。


一応、肥満細胞腫の既往症があるので病理に出してほしいとお願いしました。

針を刺すと血のような漿液が出たので、先生も肥満細胞腫ではない、断言は出来ないが悪いものじゃないと思うと言っていましたが

院内の検査で、肥満細胞腫の可能性が高いことがわかりました。





病理の結果は、7日にわかります。


手術の予約を入れてくれと言われたので10日に入れました。


コモモは、横浜で手術は不可能だと言われています。


気管が細くガタガタで心臓も悪いから。


病理の結果が肥満細胞腫だったら7日に術前検査をし手術可能か細かく調べます。


ドッグドックの結果や今までコモモを診てきて、麻酔のリスクはかなり高い

肥満細胞腫の切除には、絶対の自信があるが麻酔に関しては何とも言えないといわれました。


昔のブログ時代から、私がワーワー騒ぐと結果は良性だったり腫瘍じゃなかったりしています。

ゲン担ぎじゃないけど

期待を込めて書いておきます。


私もコモモも大丈夫です。

コモモにも、大丈夫。絶対大丈夫だから。元気出せ!と言っています。

そして、今回も手術の予約はしたけど

私は、コモモは絶対肥満細胞腫じゃない。癌なんかにならないと思っています。

心も落ち着いています。



俺もついてるぜー!

^ ^ 頼もしいです。

年末年始が忙しくて良かった。

余計なことを考えなくてすみます。(笑)

長くなりました。すいません。

おやすみなさい。

スポンサーサイト
Category : 病院
Posted by ryupukocho姉 on  | 

答えは出ない

病院行ってきました。

りゅう、アカラスの注射

また週二回になりました。

駆虫薬クリームも肌の黒いカピカピがなくなったので抗菌剤と皮膚再生剤入りの粉に変わりました。



体重も少し増えて6.85kg。

今日も点滴なし。

コモモも呼吸音がいいとの事でホッとしました。




私達が病院に着いた時

駐車場の車の中でおばあちゃんが泣いていました。

ひとりぼっちで。

私達が病院に入った後、エコーを一緒に見て下さいと、そのおばあちゃんが呼ばれました。

猫さんが昨日からご飯も食べず
ウンチが出ないのだと

腸が全く動いてないと


今の病院は、診察室の上があいていて会話の内容が聞こえてしまうのです。


腫瘍があると言われていました。

しかも状態がかなり悪く手術適応外。

この一週間もつかどうかわからないけど、ステロイドと抗がん剤での治療をしてみてはどうかと言われていました。

おばあちゃんは、何日間か通院していたようでした。

そして、治療費について質問し

年金暮らしで余裕がないこと

もう長くないならこの子が嫌がる事をするのはやめたいと伝えていました。


先生は、「とにかく今苦しいのを何とかしてあげたい。腸を動かしてあげたいのです。そして何より~さんに後悔が残るようで心配なんです。あの時こうしておけば良かった。ちゃんと治療してたらまだ生きていられたかもと。」

と、話して治療費も相談に乗りますと仰っていました。

おばあちゃんは、泣きながら「お願いします。」と猫さんを預けて帰宅されました。


後悔……。

私は、もし先生が「年齢的にもそっと寿命が来るのを待ちましょう。今は、自宅で静かに暮らすのが一番だと思います。」と、嘘でもいいから言ってあげたら

おばあちゃんは、罪悪感に苛まれることもなく金銭的にも無理せず後悔しないんじゃないか……

と、考えてしまいました。

でも、やっぱりそれならそれで
あの獣医は、何もしてくれなかったと悔やむかもしれない。

と、思ったり……

いや、でも無理に嫌がる病院で治療を優先して死期を早めたと後悔するかも…

とも思えてくる。



自分ならどうだろう。

私は、プリンを病院で死なせたことを後悔した。何度もプリンに謝った。

だから、コモモが抗がん剤の対象と言われ、肥満細胞腫にインタードッグとインターキャットの両方を投与すると効果が高いと製薬会社のモニターの話が大学からあり、

インターフェロンは、通常とても高価だが薬代は無料で出来るからコモモにどうか?と言われた時

「病院ばかりの生活で、りゅうとも離れひとりぼっちで…。それで長生きしてもコモモは、楽しいんでしょうか。そして、最後の時はお家でみんなが見守る中逝かせてあげたいんです。」と、泣きながらお断りしました。


私は、それで良かったと思っている。

でも、それは今コモモが元気だからであって

亡くなっていたら、あの時インターフェロンをしておけば良かったと後悔したかもしれない。


答えなどないのかもしれない。


QOLって、なんだろう。

犬が犬らしく生きられること…。




犬らしく…。

病院は、やっぱり嫌なのかな。

そして、私は後悔しないでりゅう達を見送れるだろうか。

私は、自分が後悔しない為に治療をしているわけではない。

純粋に治るなら治してあげたいと思っている。ただ、それだけだ。





やっぱり、答えなんかないのかもしれない。



*病院
駆虫の注射←全員。りゅう、チョップ耳掃除、消毒。コモモの薬←二週間分。りゅう、コモモ目薬。チョップのご飯。ノルバサンシャンプー。りゅうの塗り薬←2種¥26,125-

Category : 病院
Posted by ryupukocho姉 on  | 

りゅうの薬

病院行ってきました。

金曜日は、通院日です。

今、行っている病院は完全予約制なので横浜の時のように何時間も待たされる事はないのですが


↑予約制なのと、私が最後なので誰もいません。私はビビリなので、人がいると写真が撮れません。


何せ3パグな上に、りゅうとコモモは高齢なので11:30に予約して終わるのは早くて12:30




今日は、りゅうも調子が良く

点滴無し。


↑病院に来ると、しっかりし出すりゅう(・_・;

目、開くんじゃん……か?

りゅうは、お耳掃除と駆虫の注射。床擦れに薬をつけてもらいました。
(りゅうは、アカラスがあるので粘着包帯は爛れてしまい使わないよう言われています。止血の粉をつけています。)

*薬2週間分。駆虫剤入り軟膏。目薬ファルキサシン。爪切り。体重:6.78kg



コモモは、鼻水が出て喉もゴロゴロ。

先生は、聴診しながら
「本当に気管が…。よく管理して元気にしているなぁ。と感心します。」とまた言っていました。


↑苦しいと舌が出ます。楽な時は、あまり舌が出ません。

私自身は、特に変わったこともしていませんが

加湿とご飯には気をつけています。
↑コモモは、パンが喉に詰まって倒れた事もあります。
2010年の元旦(コモモ11歳)にフードを喉に詰まらせて倒れたのが最初です。

*駆虫の注射。爪切り。抗生物質2週間分。体重:7.15kg



↑耳が禿げて、目が腫れてます。

チョップくん、またアレルギー悪化です。

チョップは、アレルギー検査項目92中48もアレルゲンがあります。

先生も悩んでいます。



新たに消毒薬をもらいました。←シャンプーしばらく禁止です。

*駆虫の注射。消毒。爪切り。体重:8.2kg



↑今日の。コモモの抗生物質のみ抜けてます。*¥31,576-

今、りゅうはこんだけの薬を飲んでいます。

若い頃は、薬を入れたらご飯食べない。サプリも療法食もダメなりゅうでしたが、今は色々感覚が鈍ったおかげでご飯と一緒に食べてくれます。

この薬にコモモの薬が5種。その他に、AHCC、フェルガード。

薬入れるだけで3分くらいかかります。

寝坊は、出来ません……


*今の病院は、全て名前と成分を書いてくれるので助かります。

うちの父もばあちゃんも、どんだけ⁉︎って数の薬を飲んでますから。

いたしかたありませんね。




病院帰りの散歩もそろそろ寒くなってきました。

それでも、気持ち良さそうに芝生を歩くりゅうの写真が撮れました。















軽井沢での四季が一周しようとしています。



冬が来ます。

おやすみなさい。

Category : 病院
Posted by ryupukocho姉 on  | 

風立ちぬ

今日は、病院の日でした。

膀胱癌末期という急患のワンコさんが他所で見放されたと来院されてました。

飼い主のご夫妻は、諦めたくない!まだ、この子は生きたいという目をしている。と明るく笑顔で私に話してくれました。

言葉が出ませんでした。
話したら泣いてしまいそうで。
それは、とっても失礼な気がして。

私も見習わなければ。明るく前向きに、生きなければ。


軽井沢に来てから、りゅう達の病院は3回変わりました。

横浜の先生が日獣を通して紹介してくれたのが今の病院です。

最初からこちらに来ていたら、りゅうはこんなに酷くならなかったと

本当に後悔しています。

(引越して来た当初、こちらの病院が移転休業中で薬を切らせない為に紹介されたこちらに行けず違う病院を自分で探して行ったのです。)


↑院長先生が女の先生でスタッフさんも全員女性だからかカントリー調の素敵な診察室です。



↑夏はテラスで待つ事も出来ます。

勉強熱心な信頼できる先生です。

軽井沢の旅先で何かあったら グリーンエバー動物病院が安心です。


こちらの病院は、信濃追分地区で浅間サンライン沿いにあります。

近くには、1000m林道←ワンコOKのカフェもたくさんあります。

軽井沢駅近辺と違い、あまり観光客もいません。

私が病院の帰りにりゅう達とのんびり散歩したりしている御影用水は今、紅葉がとても綺麗です。





そして、ジブリ映画で最近観光客が増えた 堀辰雄文学記念館も帰宅路にあります。



私は、ジブリ映画は観ていませんが

堀辰雄の軽井沢を舞台にした小説"美しい村" "風立ちぬ" "菜穂子"は、中学時代に読みました。




今でも当時の文庫本を持っています。

その当時は、あまり感動しなかったけど

流れの速い雲をみながら
りゅうをスリング、コモモを抱え
走るチョップを追いかけ夕方の御影用水を散歩中

今日会った急患のワンコさんの顔が頭から離れず

"風立ちぬ、いざ生きめやも"
(風が立った、さあ生きようじゃないか)

という詩句をふと思い出し

ワンコさんの明日を祈らずにはいられませんでした。


*病院メモ
りゅう:体重6.89kg←増えた!
皮下点滴、駆虫の注射。熱38.3°C←熱は無いのに体表が熱くハァハァする。先生も不思議がっていたら診察台でおもむろに立ち上がりオシッコをした。首を冷やす、足など濡らすと良いと言われた。

コモモ:7.35kg 駆虫の注射。心臓2種、気管支拡張剤、利尿剤、血管拡張剤 2週間分

チョップ:体重8.15kg←減った。駆虫の注射0.8

¥14,617-

Category : 病院
Posted by ryupukocho姉 on  | 

健康だからこそのDog Dock

まぁ~
なんだかんだ毎日更新するだけなら出来るもんだぁ(笑)←私、昔から作文得意だったんで、なんも考えずにいつも書き出します。だから話が長いのかも(笑)ワハハ!…(u_u)すいません。


今日は、参考までにDog Dockの話を


費用は、病院にもよりますが報告書もついて¥18,000-位

レントゲンや


身体検査や


血液検査や


総評がついてます。


りゅうの場合は、いろいろみつかり追加検査で心臓エコーに心臓の血液検査、T4とオプションつけたので4万くらいでした。

病院もりゅうには、ドッグドックを勧めましたがコモモには勧めませんでした。

もう他に病気があり過ぎて、毎月エコーやら血液検査やらしてましたから

今更のんびりドッグドックって必要がなかったんですね。

りゅうは、去年は半年に一度のドッグドック以外で検査をするとか具合悪くなるとかない子でした。

ドッグドックしなきゃってわけじゃないけど

早期発見、早期治療に勝るものはないです。

バラバラに検査するよりお得ですし、お勧めです。



週に二回二年も通院しましたから、コモモ。私も仲良しでした^ ^←家の真下が病院でしたし!

コモモも可愛がってもらって、コモモ、コモモって院内勉強会でもコモモの話をしていろいろ考えてくれました。

どんなに名医でも飼い主との相性が悪いと動物は善くならないって先生が言ってました。

私達の気持ちが伝わるんですね。

信頼関係って大事なんだと思います。動物医療は特に。



先日話したこれ↑

意を決して昨日りゅうにつけましたら……

腹が太すぎてしまりませんでしたーーーーーっ(; ̄ェ ̄)

サイズ間違えた……そもそもパグのサイズあるのかわからん

諦めておとなしくオムツ試してみます。

パグ飼い主の大先輩がご親切にいろいろ教えてくださいました^ ^

ありがとうございました!

やってみますね~^ ^

*りゅう
朝も夜もご飯完食。←ササミがなくなりPhコントロールの缶詰めトッピング
ウンチさん二回 8:30,21:25

*コモモ
食欲あり。たまに食べるならPhコントロールもいいらしい。←多分、明日には嫌がるはず……
ウンチさん なし

チョップもこれはアレルギーなしです。←ドライのPhコントロールにはアレルギーありなんです。(-_-)

では!おやすみなさい。
えらいりゅうが暑がります。17度←昨日より10度も暑い!

Category : 病院
Posted by ryupukocho姉 on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。