ryupukocho4pugs 軽井沢日記 りゅう17歳からのお話し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ryupukocho姉 on  | 

帰ってきております(大汗)

すいません。

お久しぶりです(大汗)


妹が本当にいろいろ頑張ってくれたおかげでコモモもチョップも父ちゃんも元気です^ ^





毎日メールで報告してくれたので

私も安心して仕事に集中出来ました!

本当にありがとう~。







妹から

コモモは、千代丸(チョップの事)さんに側にいてもらいたいみたいだよ~。

と、言われました。


さすがコモモを赤ちゃんの頃から知っているだけあります。

その通り(笑)

コモモは、いつまでも末っ子気分の甘えん坊なんです。

チョップの事は

いい感じのマイペースで成長が感じられた。と^ ^

りゅうとプリンは、落ち着いていたんだね~と言ってました。


末っ子同士。

まぁ、うまいことやってます^ ^



最後に

ぽんちゃん。退院おめでとう。
ゆっくり、ゆっくり元気になってね。

やよいさんもしばらくは、本当に大変だと思いますが今が踏ん張り時です。

どうしても私達が頑張らなければいけない時があります。

ぽんちゃん、ぷうちゃん、うずらちゃんに集中しなければなりません。

時間は、無限にあるわけではないですもんね。

今やらなくてもいい事は、特にやらなくてもいい事です。

私達への報告などは気にせず、家族の時間を大切にして下さい。

一生懸命やったことは必ず報われます。

偉そうにいろいろすいません。

影ながら応援しております。




ぽんちゃんの笑顔が又見れますように。




やよいさんが、大好きなぽんちゃんのお散歩写真を又撮れますように。

写真、勝手にすいません。

頑張ってください。

スポンサーサイト
Posted by ryupukocho姉 on  | 

これは業務連絡です(大汗)

わたくし、明日から二泊の出張です。

前回出張時、コモモがチアノーゼを起こし

病院から危篤連絡が入り

生きた心地がしなかったので

今回は、無理を言って東京で働く妹に来てもらう事にしました。


ご飯のことや薬の事

口では説明しづらく、メールも重たくなってしまうので

こちらを利用することにしました。

見て頂いた皆様、すいません(大汗)


________☆申し送り☆_______



ササミ茹でる←しっかり


















舞茸の出汁は、冷蔵庫にある





ご飯は、野菜室。クリニカルダイエットAA←二人とも









薬は、小分けにして冷蔵庫にある









起きない時は、支えて立たせて
口をご飯に近づけてあげて





むせたりしたら、一度止める








目薬とか塗り薬も冷蔵庫


チヨは


隔離(笑)←電話で話した感じ





チヨも早食いで喉詰まりやすいから注意






薬は、夜の薬プラス心臓の薬と利尿剤
朝は、2種類多い



※コモモの吸入
薬剤は、全て冷蔵庫

鼻水が白かったりネバネバして、咳が酷い時

電話ください。

病院は、この下にリンク貼ってる。


チョップの目の軟膏
リンデロン←左目、上瞼

コモモの軟膏
ビクタス

コモモのその他の目薬
①ヒアレイン←水色のキャップ
これは、頻繁で大丈夫。
②ライトクリーン←白内障
夜、寝る前


では、
迷惑かけてごめんね。

よろしくお願いします。


姉ちゃんより

Category : 3PUGSの事
Posted by ryupukocho姉 on  | 

ぽんちゃん、頑張れ

本当なら

金曜日は、コモモの手術の予定でした。

今こうして

のんびりブログなど更新している気分ではなかったかもしれません。

私は、元来

根がお気楽なので

皆さんが思っているほど落胆していません。

どちらかといえば、幸せです。

それは、目の前にいるコモモが元気で

ご飯も美味しそうに食べて

いつもと変わらない日常があるからです。


お薬がたくさんだって

癌があるかもしれなくたって

生きていてくれたらそれでいい


病気と闘っている子と暮らす家族の願いかもしれません。


私は、お節介で
感情移入しやすいけど

心で思っているだけでは、伝わらないから


ぽんちゃん、頑張れ!

祈っているよ。

Dear Pon-san ぽんちゃん、頑張れ! from ryupukocho4 on Vimeo.

Posted by ryupukocho姉 on  | 

病院にて コモモ元気です ^_^

今日も午前中、病院に行ってきました。


コモモ、元気です。


腫瘍も大きくなっていません。


りゅうに出されていた薬が腎臓にもいいということでコモモが飲んでいたんですが←クレアチニンが少し高く、石灰化がある為


抗腫瘍薬でもあるとのことで継続することになりました。

ピロキシカム主成のピオパールというお薬です。


院長先生が呼吸器に強い何名かの先生にコモモのレントゲン画像を送ってくれていました。


今後、手術のリスクに勝る病気になった時の為でもあります。


りゅうは、16歳で全身麻酔にて舌の裏にできた腫瘍を摘出しています。

幸い良性でしたが


コモモも多分、この気管じゃなければ私は手術していたと思います。


どちらを選んでも

飼い主さんがその子の為を思ってしたことなら

それは、間違いではなく。最善の方法なんだと思います。


獣医さんには、わからないこともたくさんあります。


自分の考えを勇気を持って獣医さんに伝えることも大切です。


シニアでもヤングでも


病気と闘う子達とそのご家族が心穏やかに過ごせますように。


共に頑張りましょう。


10th January, 2014 Komomo (At the animal hospital) from ryupukocho4 on Vimeo.



↑ 今日のコモモ。病院にて


では。また。

Category : コモモ
Posted by ryupukocho姉 on  | 

針生検 病理結果

コモモ

病理の結果、肥満細胞腫ではなく

上皮性悪性腫瘍の疑いでした。



正直、朝一番に病理結果を聞いてからは頭が痛くなるくらい泣きました。


皆さん、ご存知のように院内での検査は、曖昧です。


バイオプシーでの細胞診を病理に出しても、まだ確定診断には至りません。


やはり摘出して、病理に出して初めて確定診断に至ります。


悪性腫瘍の疑いということで、手術の危険性を詳しく調べるために預かりにて検査をして先ほど帰宅しました。




結果から言うと、手術は不可能という結果でした。

今までのレントゲンでは、気管がガタガタで気管虚脱が深刻であるため気管コイルの手術が先ではないかと言われていましたが

今回、気管自体ではなく、咽頭軟骨の極端な落ち込みと靭帯が異常に伸びてしまっていることがわかりました。

気管チューブを入れることは、不可能なのだそうです。


先生は、気管手術で今日本で1番だという日獣の先生や横浜の先生などに相談しながら時間をかけて最善の方法を考えましょうと言ってくださいました。

今まで見たことがない症例なのだそうです。


病理結果にあるように、癌の種類も特定できない為

抗がん剤治療も適用外だそうです。


手術もできない、しかし悪性腫瘍の疑いです。


でも私は、内心ホッとしています。

手術をして、すぐに死んでしまうかもしれないと考えていたからです。

先生は、腫瘍で今すぐ死ぬわけではない。

コモモの場合、咽頭軟骨が喉を塞ぎ窒息死する危険性の方が高いと言いました。


そちらを優先事項として治療し、場合によっては大学病院での手術を検討する。

喉のついでに腫瘍を摘出することを考えるという治療方針に決まりました。

なので、特に薬も増えず←サプリを今のAHCCのままかヤマブシダケ含有サプリにするかくらいです。


全然、喜んでいいというものではないけど


今すぐ死ぬわけではないと言う言葉に救われています。

今は、それが一番いいと思える自分がいます。


喉の病状を進行させないこと

それを第一に

楽しく、今まで通り、笑って過ごしたいと思っています。


コモモは、きっと大丈夫。

状況は、全然大丈夫じゃないかもしれないけど

15歳。

もはや腫瘍がない子の方が少ないんじゃないかとも思えます。

みんな何かしらの不安を抱えて生活してる。

私もメソメソしている場合ではないと

なんか、そんな風に感じました。



コモモも私もチョップも頑張ります。

これからもよろしくお願いいたします。

Category : コモモ
Posted by ryupukocho姉 on  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。